発売になったばかりの Adobe photoshop elements2018 を、早速触ってみました!

NEW! 「閉じた目を調整」 で、閉じていた目が開く!


何人かで写真を撮った瞬間に、誰か一人がまばたきをしてしまう事ってありますよね?

そんな時に、使えるのが「閉じた目を調整」 の機能。


a0003_001856_m

*わかりやすいように、使用前・後をアニメーションしています。


フォトショップエレメンツ2018が自動的に目の位置を認識。

参照する写真を選んだら、ワンクリックで目が開く、驚きの機能です。


NEW! 「自動選択」 で、カンタン切り抜き!


クイック選択ツールの搭載で、以前より使いやすくなっていたエレメンツの選択機能。

それがさらにパワーアップ、四角にドラッグするだけで、複雑な図形を自動で選択してくれるのです。


sentaku2


一度触ってみると、その驚きの機能がわかるはず。

マウスを動かすのが苦手な方は、ぜひお試しください。


NEW! 「水彩画効果」 で、写真が水彩画に変身!


ガイド編集に新しく追加された、水彩画効果の機能。

今回は花の写真を使ってみましたが、複雑な建物なんかも面白いかも。

guide2-2


素材と設定でいろいろバリエーションが作れるから、

想像力が膨らみますね。


NEW! 「二重露光」 で、幻想的な画像が出来た!


ガイド編集に新しく追加された、二重露光の機能。

半透明にして重ねるだけだと思っていたら・・・。

guide3


カンタンな操作だけで、想像以上に、アートな作品ができました。



NEW! 「背景を置き換え」 で、背景を楽々チェンジ!


ガイド編集に新しく追加された、背景を置き換えの機能。

合成用の背景を準備していなくても、プリセットの画像とも合成できます。


guide1


SNSに投稿する写真の背景から、場所が特定されたりすることもありますよね。

そんな時にも、「背景を置き換え」の機能を使えばねこちゃんも安心です。


NEW! 「シェイプオーバーレイ」 で、アーティスティックな作品を作ろう!


シェイプ内外の別々にワンクリックで、別々の効果をつけることができるので

思いもかけない作品が出来上がります。

guide4


あっという間に、効果をかけられるから、うれしいですね!


photoshop elements2018では、、

この他にも「自動でスライドショー」ができちゃったり、

その写真を「自動キュレーション」してくれたり、

エレメンツオーガナイザーの機能もパワーアップされています。



今なら無償アップグレード中なので、14以前のバージョンをお持ちの方は
15と2018 ダブルでゲットのチャンスです。