最新版!photoshop elements15の新機能と使い方

アドビフォトショップエレメンツ15の新機能の使い方、非公式マニュアルです。初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
*基本的なことから、よくある質問まで、全般的な使い方は、photoshop elements12の使い方講座>>でご紹介しています。

カテゴリ: photoshop elements15の新機能

NEW! 「フレーム作成」で、オリジナルのフレームを作ってみよう!


フレームって何?
フォトショップエレメンツには、たくさんのフレームが用意されています。

05frame1-02
クイックモードでは、右下のフレームを選択。
*画像を表示している状態で、フレームをクリックするとフレームの中に画像が配置されます。
05frame1-03
エキスパートモードでは、右下の「グラフィック」>右上の「フレーム」「他のフレーム」で、
エレメンツに用意されている全てのフレームを表示できます。

では、オリジナルの「マイフレーム」を作ってみましょう。

メニューバー > ファイル > 開く でファイルを開いたら、

IMG_2032

ガイド編集 > 特殊編集 > フレーム作成 を選択します。

guide04

写真を配置したい部分(切り抜きたい部分)を、使いやすいツールで選択します。

05frame2-02


クイック・ブラシ・自動選択・多角形など選択ツールのサイズなどは、画像の下に
表示されている、ツールオプションで変更できます。

上手く選択できたら、

2.フレームを作成をクリック

05frame2-03

次にフレームを保存をクリックして、
05frame2-05

フレームに名前をつけましょう。

05frame2-04


4.「エキスパートで継続」をクリックすると、

自分の作ったフレームに画像を配置できます。

05frame2-06

エキスパートモードで、先ほど作ったフレームが「マイフレーム」に表示されています。

05frame2-07

では、フレームの真ん中をクリックしてみましょう。

05frame2-08
エクスプローラーが開いて、画像が配置できます。

05frame2-09
フレームの中の画像は、スライダーで大きさを変えたり、
05frame2-10
回転させたりできます。
*バウンディングボックスを使用して、拡大縮小・回転もできます。

05frame2-11
写真を入れ替えたいときは、フォルダのアイコンをクリック。

05frame2-12

サイズや位置を調整して、完成です。

キューピー

家族全員、このフレームに入れて、並べてみたいような・・・


この他のエレメンツ15の新機能はこちらでご紹介しています。






NEW! 「スピード撮影効果」で、躍動感のある写真に


背景にブラーをかけると、スピード撮影効果を使ってみました!

メニューバー > ファイル > 開く でファイルを開いたら、

file2381304819043

ガイド編集 > 楽しい編集 > スピード撮影効果 を選択します。


guide05

1.クイック選択ツールを使って、ブラーをかけたくない部分を選択していきます。

06speed-01

細かく調整したいときは、ズームツールや、ズームスライダーで拡大調整しましょう。

*後で調整できますので、大雑把に選択しても構いません。


06speed-02

2.「モーションぼかしを追加」を使って、ぼかしの角度や適用度を調整します。
角度は進行方向に合わせるといいですね。

06speed-04

3.「効果を調整」ブラシを使って、くっきりしすぎているタテガミの部分を
「追加」していきます。

*逆に、ぼけてほしくない部分は「削除」しましょう。

06speed-05

タテガミや手前の草もくっきりしすぎていたので、効果を追加しました。

06speed-06

右下の「次へ」をクリックして、「別名で保存」するのを忘れずに!

06speed-07

完成です。

file2381304819043-2


運動会の写真で活躍しそうな機能ですね!



この他のエレメンツ15の新機能はこちらでご紹介しています。






NEW! 「絵画風」 写真が絵画になっちゃった?!

ガイド編集の新機能「絵画風」を使って、

写真を簡単に手書きの絵画のようにすることができます。

メニューバー > ファイル > 開く でファイルを開いたら、
a1370_000538_m


ガイド編集 > 楽しい編集 > 絵画風 を選択します。

guide03


1.ブラシをクリックします。

04kaiga-01

デフォルトで選択されている、ブラシの先が特徴的なので、途中で角度を変えながら、

04kaiga-02

筆の形もいろいろあるので、プリセットから変更したり、
ブラシのサイズ調整しながら、ドラッグします。

04kaiga-03

*背景はなるべく残さないで、必要な部分の内側をなぞるのが、絵画風になるコツかも。


2.カンバスカラーを選択します。
*カスタムカラーを選択から、黒白以外の色も選択できます。

3.(オプション)テクスチャを選択します。

04kaiga-04


4.効果を選択します。

04kaiga-05


*テクスチャや効果を選択した後は、カンバスカラーを変更できなくなりますが、
画面左下の「取り消し」で、選択前に戻れます。

kaiga


手書きの猿に見えるでしょうか?

お気に入りの写真を、絵画風にしてみるのも楽しそうですね!


この他のエレメンツ15の新機能はこちらでご紹介しています。







NEW! 「効果のコラージュ」1枚の写真に複数のエフェクトを適用


ガイド編集機能に「効果のコラージュ」機能が追加されました!

メニューバー > ファイル > 開く でファイルを開いたら、

guide02_2


ガイド編集 > 楽しい編集 > 効果のコラージュ を選択します。

guide02


1.コラージュのレイアウトは3分割の垂直方向を選んでみました。

03kouka-01


2.コラージュのスタイルを適用します。
今回は一番下を選択してみました。

03kouka-02


3回クリックしただけで、
普通の写真が何か意味ありげな写真になりました。

kouka

*効果を弱めたい場合は3.(オプション)の不透明度を調整してください。


別名で保存して、エキスパートモードで見てみました。

03kouka-04


グループやレイヤーマスク、クリッピングマスクを使用した
複雑なレイヤー構造になっていました。

参考にして、オリジナルの作品を作ってみてもいいですね。


この他のエレメンツ15の新機能はこちらでご紹介しています。






NEW! 「写真テキスト」 ビジュアルテキストを作ろう!

ガイド編集機能に新しく「写真テキスト」機能が追加されました!


画面左上の「開く」で、ファイルを開いたら、

ガイド編集 > 楽しい編集 > 写真テキスト を選択します。

guide01


「文字ツール」をクリックしたら、画面左下にツールオプションが表示されますので

02text-01

プルダウンしてフォントの種類や強さを選択します。

02text-02

*テキストの編集について詳しくはこちら>>

02text-03
kakutei
「現在の操作を確定」すると、文字が切り抜かれます。

02text-04

文字が小さすぎますが、心配しないで、

2.「写真における見かけを選択します。」で「フィット」を選ぶと

横幅に合わせて文字のサイズが調整されます。


*文字を再編集したいときは、文字の上でダブルクリックします。

*やり直したいときは、画面左下の「取り消し」をクリックします。

02text-06


改行が広すぎたので、行送りに数字を入力しました。

02text-07

上手くいったら、「現在の操作を確定」します。


3.背景のスタイルを選択します。
今回は黒を選びました。

02text-08

文字をドラッグして、気に入った高さに移動させたら

4.「画像を切り抜き」して、余分なスペースを削除してもいいでしょう。
*自動で文字のサイズに切り抜かれます。

02text-09


2~5は、順番通りではなくてもいいので、
いろいろ試してみました。

文字の大きさは、バウンディングボックスをドラッグしても変更できます。

*バウンディングボックスの使い方はこちら>>

02text-10


5.べベルやドロップシャドウ 「中」をクリックしてみました。
文字の効果を細かく設定したい場合は、詳細をクリックします。

上手くいったら次へをクリックして、
別名で保存します。

02text-11

同じフォントや写真を使っても、

色々アレンジできるので、個性のある作品ができそうですね!


この他のエレメンツ15の新機能はこちらでご紹介しています。






↑このページのトップヘ