最新版!photoshop elements2019の新機能と使い方

アドビフォトショップエレメンツ2019の新機能の使い方、非公式マニュアルです。初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
Ver14/15/2018で追加された新機能もご紹介。
*基本的なことから、よくある質問まで、全般的な使い方は、photoshop elements12の使い方講座>>でご紹介しています。

カテゴリ: photoshop elements2019について

NEW!  待望の「トラッキング」 が搭載されました!!


WORDに慣れている方に良く尋ねられるのが、

「フォトショップエレメンツには均等割り付けがないのか?」ということ。

操作に慣れていない方は、スペースを使って文字の間を調節していたのではないでしょうか?



フォトショップエレメンツ2018までは、
日本語テキストオプションの中に「文字ツメ」の機能はあったのですが
「トラッキング」の機能はありませんでした。
track_004
「文字ツメ」で出来るのは、「全く文字をつめない0%から、文字間を詰めた100%」まで


photoshopやIllsutratorなどの画像編集ソフトでは
文字間を調節するのに、
「トラッキング」・「カーニング」・「文字ツメ」などを使います。


その待望のトラッキングが、エレメンツに搭載されました!!!

track_002


「トラッキング」を200 に設定

track_005


「トラッキング」-100

track_006


「トラッキング」-1000(順番が逆になってしまっています)

track_007


「トラッキング」2000

track_008



どうしてもプロの作品と違ってしまう原因は、文字のレイアウトだったかも知れませんね。


文字間にこだわるなら、プロポーショナルフォントを選ぶのがお勧めです。
例)MSゴシックMSPゴシック(P=プロポーショナル)
文字毎に文字幅が異なるので、文字間の無駄な空白がなくて綺麗です。


track_009
トラッキング調節前


track_010
日本語をトラッキングで調整



レイアウトが決まらない時には、いろいろ試してみてくださいね。


このほかのエレメンツ2019の新機能はこちらでご紹介しています。




エレメンツの基本操作が分からない方はこちらをご覧ください。




NEW! 「フォトコラージュの作成 」 は、アドビ先生におまかせ!


Adobe senseiという名のAIの搭載で、自動で出来ちゃうんです。

ホーム画面で、

自動作成 > メディアを追加  を選択します。
collage_001



collage_002


エクスプローラで、合成に使いたい画像を選択すると

エレメンツオーガナイザーが起動します。

collage_003


シフトを押しながら全ての写真を選択。

collage_004


自動でフォトコラージュが作成されます。

collage_005


右側のサンプルから、好きなものをクリックすると、レイアウトが再構成されます。

collage_006


Facebookカバーを選んでみました。

collage_007


選んだレイアウトによっては、レイアウトのダウンロードが始まるので、

時間がかかります。

collage_009

レイアウトの右上に青い三角のアイコンがあるものは、

新しくダウンロードする必要があります。

フォトコラージュ


気に入ったら保存しましょう。

フォトコラージュはPSE形式で保存されるので、

いつでも写真を追加したり、レイアウトを再編集することが可能です。



このほかのエレメンツ2019の新機能はこちらでご紹介しています。





NEW! 「テキストと境界線のオーバーレイ」 って、カッコイイ!


ガイド編集に新しく追加された、「テキストと境界線のオーバーレイ」の機能。

プリセットの境界線がカッコいいから、簡単にイイ雰囲気にできてしまいます。


画面左上の「開く」を選択して、画像を開いたら、

ガイドモード > 特殊編集 > テキストと境界線のオーバーレイ  を選択します。
overlay

overlay-007

「境界線を選択」して、境界線の種類を選びます。

overlay-002

「サイズ変更」のスライダーで、境界線のサイズを変更しました。

overlay-003

「カラー」をクリックして、枠線の色を変更します。

overlay-004

「文字ツール」をクリックして、テキストを入力します。

overlay-005

左下のツールオプションで、テキストの種類やサイズを変更も可能です。

overlay-006

テキストの位置を変更しました。

今回はテキストスタイルは変更せずに・・・


画面右下の「次へ」をクリック

tugi

他に2枚同じレイアウトで、作品を作りたいので、

エキスパートモードで開きます。

overlay-009


他の写真を、レイヤーに配置します。

overlay-010


次にテキストレイヤーを右クリックして「レイヤーを複製」

複製したテキストを編集します。


overlay-008


レイヤーの目のマークをオンオフ(表示・非表示)して

3枚の画像を描きだしました。

kyoukaisen_000


kyoukaisen_002



kyoukaisen_003


画像の保存など基本操作が分からない方はこちらをご覧ください。


創作意欲が湧いてきますね!

みなさんもいろいろ試してみてくださいね。


このほかのエレメンツ2019の新機能はこちらでご紹介しています。





NEW! 「マルチ写真テキスト」 で、個性的な合成を!


ガイド編集に新しく追加された、マルチ写真テキストの機能。

photoshop elements15で搭載された「写真テキスト>>」の強化版。


画面左上の「開く」を選択して、画像を開いたら、

ガイドモード > 楽しい編集 > マルチ写真テキスト  を選択します。
multi001


multi002


1. 「文字ツール」を選択し、文字を入力したら 確定します。

multi003


2.「全体」を選んで、文字のサイズを自動で変更しました。

multi004


3.「フレームを作成」したら、文字の中をクリックするか

4.「コンピュータ」を選んで、配置する写真を選択します。

multi005


配置した画像はドラッグすることで位置を変えられます。

回転・拡大などを使って、調整しましょう。

multi006


5.「テキストのベベル」を「小」選択しました。

multi007



画面右下の「次へ」をクリック

tugi

ここで保存しました。

multi008


今回は鳥を集めてみましたが、

家族の写真で年賀状を作るのも楽しそうですね!



もちろんファイルをエキスパートモードで開いて、

編集することも可能です。


このほかのエレメンツ2019の新機能はこちらでご紹介しています。





NEW!部分スケッチ効果」 で、写真の一部がスケッチ画像に!


ガイド編集に新しく追加された、「部分スケッチ」の機能。

今回は複雑な建物の写真を使ってみました。


画面左上の「開く」を選択して、画像を開いたら、

ガイドモード > 楽しい編集 > 部分スケッチ を選択します。
sketch


scke_001

1. エフェクトは「古い写真」を選択しました。

scke_002

ブラシサイズを調整しながら、選択範囲を「追加」。

はみ出したところは「削除」します。

scke_003

境界のはっきりした写真だったので、

今回は「詳細ブラシ」は使用しませんでした。

scke_004

「エフェクト反転」にチェックを入れてみました。

scke_005

カンタンな操作だけで、カッコイイ作品ができましたね。

画面右下の「次へ」をクリック

tugi

ここで保存もできますが、

ファイルをエキスパートモードで開いて、

expert

編集することも可能です。

scke_006

エキスパートモードで、

さらにレイヤーを重ねてもおしゃれになりそうです!



このほかのエレメンツ2019の新機能はこちらでご紹介しています。





↑このページのトップヘ